スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストレッチの仕方と注意点

記事を移動しました。↓
ストレッチ - サーフィン・ジャンキー(For ビギナー)
スポンサーサイト

ワックスの剥がし方

 まずサーフィンのワックスを剥がすための道具「ワックスコーム」と「液体サーフワックスリムーバー」を用意します。


 ワックスコームを使ってワックスを剥がしていきます。あまり力を入れすぎてボードを傷つけないように気をつけましょう。


 全体のワックスを剥がし終えました。ところどころ薄く残ってしまっても構いません。


 次にリムーバーをボードにつけ、きれいになるまでペータータオル(キッチンペーパー等)で拭き取り終了です。

テーマ : サーフィン・ボディボード
ジャンル : スポーツ

ワックスの塗り方

 今回使用するワックスは「Sticky bumps(スティッキー・バンプス)」のベースコートトップコート(warm~tropical)を使用します。


 まずベースコート(bacecoat)を塗ります。力を入れずに手の重さだけが加わるイメージで、大きい円を描くように塗っていきます。円を描くのは力が均等に加わるようにするためです。根気良く時間をかけて塗っていきましょう。そして、全体に小さい凸凹ができたらOKです。ワックスを塗る場所


 続いて、トップコード(topcoat)をベースコートの上に同じように重ね塗りします。全体に凸凹が出来たら完成です。

テーマ : サーフィン・ボディボード
ジャンル : スポーツ

ビギナー用ゲティングアウトの裏技?

ビギナーにとって、ゲティングアウトのときに向かってくる波は強敵です。中・上級者であればドルフィンスルーでスイスイ行ってしまうところも、ビギナーではその5倍はかかりますよね(T_T)。

ですから我らビギナーも、ドルフィンスルーを1日でも早くマスターできるように果敢に挑戦しましょう。しかし、結構難しいので、安定してできるようになるのには時間がかかりますし、男性ならパワーでボードを沈めることも可能でしょうが、女性にはそれも大変です。そこで、サーフショップの店長さんから教わった裏技(?)を紹介します。

まず、波が来たら波に背を向けます(岸の方を向きます)。
そして、波待ちの姿勢をとり、ボードを両手で引いて起こし(ボードが垂直に近くなるようなイメージです)、波に寄りかかるようにします。
下図のようなイメージです。

そうすると、図の矢印のように、波が押す力と水の抵抗であまり岸へ戻されずにやり過ごせます。やり過ごしたら、すぐに沖に向き直って必死にパドリングを開始しましょう。
私もはじめのうちは多用していた技です。ぜひ試してみてください。

ワックスを塗る場所

ショートボードの場合、ワックスは前足を置く部分に塗るのが基本だと思います。デッキパッドの部分に塗る人もいます(私は塗っていません)。

しかし、私はデッキパッドの端から5cm位ノーズ寄りの部分から、パドリングのときに胸がつく辺りまで、広く塗ることをお勧めします。また、ドルフィン・スルーやテイクオフする時に、手をつく部分にも塗っておきましょう。これは私がサーフボードを買ったショップの方にいただいたアドバイスです。

初めのうちは、パドリングするとボードからツルツルと左右にズレ落ちそうになっていた私ですが、ワックスをそう塗るようにしてからは、パドリングが格段に安定するようになりました。(^^♪
カテゴリ
最近の記事
プロフィール

TOM

  • 管理者:TOM
  • 東京都在住
    2004年から夫婦でサーフィン・ジャンキー
    妻Mrs.BEANの妊娠・出産のため約1年間のブランクあり
  • 日々アップス・アンド・ダウンズする人気blogランキングに登録しています。
    人気blogランキングへ
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。