スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンゴの危機!?

地球温暖化の主な原因といわれる二酸化炭素が、温暖化だけでなく、海の「酸性化」も招き、サンゴを死滅させる恐れがある―

1月23日の朝日新聞朝刊の記事です。今日、散らかった会社のデスクから出てきました(^^ゞ。21世紀には地球の南半球(オーストラリアよりさらに南)のサンゴが解けてしまうかもしれないのだそうです。

続きを読む

スポンサーサイト

ハワイ・ノースショアの波と環境を守るために

ハワイ・ノースショアの波と環境を守るために募金に協力しましょう!

僕らサーファーは自然をリスペクトし自然を守っていかなければいけないと思います。たった300円で、ハワイの自然を守る手助けができるなら喜んでやりたいと思います。募金金額は300円~3000円です。

募金の内容はというと、

続きを読む

ロハスで行こう

サーファーはロハスな人が多い
サーファーはロハスな人が多い―

最近よく耳にする「LOHAS(ロハス)」という言葉。
LOHASとは「Lifestyles of Health And Sustainability」の頭文字をとった造語です。

直訳すると「健康と持続性のライフスタイル」ですが、単語をちょっと詳しく調べてみると「sustainable」には「〈開発などが〉持続可能な(環境を破壊せずに、現状を維持したまま永久的に継続できる)」(プログレッシブ英和中辞典)という意味があります。

つまり「ロハス」とは、「健康と地球環境の持続性を意識したライフスタイル」という意味になります。

この「ロハス」を意識した生活を送る人々は、欧米では5千万人を超すそうですが、日本では歴史が浅く、2002年9月に「日経新聞」などで大和田順子さんの記事によって初めて「LOHAS」が紹介され、注目され始めたそうです。

LOHASがカバーするジャンルとして下記の5つが提唱されています。(「いきいきロハスライフ!」http://lohas-life.jp/index.htmlより)
① 持続可能な経済…省エネ商品、代替エネルギー、グリーン都市計画等
② 健康的なライフスタイル…オーガニック、自然食品、サプリメント等
③ 代替ヘルスケア…自然治療、はり治療等
④ 自己開発…ヨガ、ピラティス、フィットネス、自己啓発、能力開発等
⑤ 環境に配慮したライフスタイル…環境配慮住宅、リフォーム、家庭用品等

これを見ても分かるように、「LOHAS」はスローライフなどより広いジャンルのようですね。

我が家の庭 まさに家庭菜園
そして我が家も「LOHAS」を心がけていきたいと思い実践しています。

自然食品』を取るべく庭を掘り起こして小さな畑を作りました。育てているのは「リコピン豊富な黒トマト」、強力トマト、普通のトマト、カボチャ、サツマイモの紅あずま&なると金時、そして枝豆です。

もうかなり育ってますよ。収穫が楽しみです!

でも正直言うと、この畑の管理人兼チーフは妻で、僕は畑仕事は嫌々やりました(^^ゞ

ハイブリッドは地球を救う

ディズニー エアロアールシー TOYOTAハイエース・くまのプーさん
今日の新聞に、高速道路の整備に税金を3兆円投入するって記事があったけど、ちょっと無駄遣いなんじゃないかなぁ。

ということでこうすれば地球を守れる!ってのを考えてみました。
(画像は特に意味ないです(^_^;))
  1. ハイブリッド車購入1台につき国から10万円補助金が出る!
  2. ハイブリッド車購入(新車も中古車も)については完全に免税!つまり消費税も自動車取得税とか全部です!
  3. ハイブリッド車購入のための自動車ローンの金利は国が負担!
これが実現すると未来はどうなるでしょう?
  1. ハイブリッド車を車両本体価格のみで、金利なしの分割で買える!
  2. 1台あたり50万円税金投入になっても、3兆円あれば600万台売れる!
  3. 大量生産になって、開発コストが下がり価格も安くなる!
  4. ノア、ステップワゴン、セレナ、ハイエースのハイブリッド車も発売!
  5. 地球温暖化防止になる!
  6. サーフィンに行く交通費が安くなる!
これなら数百万台分の排気ガスが大幅に減ります。明るい未来ですね  われながらすばらしいアイデアだと思うのですがどうでしょうか?

砂浜がなくなる?

今日はちょっとまじめな話です。でもサーファーにも大いに関係ありです。

地球温暖化問題が深刻化して、各国みんなでこれを解決しようと『京都議定書』が発行してから2月16日で1年を迎えます。その中での日本の温室効果ガス排出量削減目標は、2012年までに6%(1990年比)です。しかし、現状は減るどころか7%以上増えているようです。ちょっと深刻ですね・・・。

さて、地球温暖化がサーファーにどう影響するのでしょうか。
食糧不足になったり異常気象が多くなったりと、人類としての影響はもちろんですが、最も直接的なのが海面の上昇ではないでしょうか。どのくらいかというと、2100年までに約15~95cm上昇すると予測されています。予想の数値はかなりアバウトですが、海面が上昇することは確実だそうです。2100年なんてまだまだ先のようにも思えますが、僕らの子供や孫の世代ですから他人事じゃないです。

海面上昇による自然環境への影響の中で、最も直接的なものが砂浜の侵食で、もし海面が1m上昇したとすると、日本の砂浜の90%がなくなってしまうそうです。たとえ30cmの上昇に抑えられたとしても、56%にあたる砂浜が侵食されてしまいます。
これは日本のサーフィン事情にも大きく影響するのではないでしょうか。海に入る前に砂浜で波を見ながらストレッチする、1ラウンド終わって砂浜でのんびり休憩する、といった楽しみが出来なくなるだけでなく、海が深くなるので波のブレイクにも影響するでしょうから、日ごろの波がスモールサイズのサーフポイントではサーフィンできなくなってしまうのでは?とも心配しています。

先日読んだ『お父さんのためのお気楽サーフィン入門』に、とても良い事が書かれていたので紹介します。
波や風や砂など自然と対峙することで、絶対的な力の存在を毎回思い知らされて謙虚になり、謙虚になるから敬意を払って、敬意を払うから海のゴミのことまで考えるような…
本気でサーフィンに取り組む人であればうなずける人も多いのではないでしょうか。

「波」は自然からの贈り物―。日々自然の恩恵を受けるサーファーにとって真剣に考えるべき問題だと思う今日この頃です。
カテゴリ
最近の記事
プロフィール

TOM

  • 管理者:TOM
  • 東京都在住
    2004年から夫婦でサーフィン・ジャンキー
    妻Mrs.BEANの妊娠・出産のため約1年間のブランクあり
  • 日々アップス・アンド・ダウンズする人気blogランキングに登録しています。
    人気blogランキングへ
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。