スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノンジップ・フルスーツって

ノンジップのセミドライスーツ
真冬の極寒の海を乗り切ろうと、当ブログ専属リポーターのBCが最近購入したウェットスーツです。『BILLABONG(ビラボン)』のノンジップ(ジップレス)です。

ノンジップでフルオーダー、これなら水はほとんど入らないんじゃないか」、と意気揚揚と乗り込んだ千葉北。いざ入水してみると、、、

続きを読む

スポンサーサイト

ニュータイプのウェットスーツ

今年の4月に、パタゴニアからメリノウールを使ったウェットスーツが発売されるようです。渋谷の「パタゴニア・オーシャン」が、世界に先駆けての発売だそうです。

『メリノウール』っていうのは、メリノ種という羊からとれる最高級のウールで、暖かい時には涼しく、寒い時には暖かいという優れものです。

まずは3ミリフルスーツ、次いで5月以降にスプリングも発売されるともこと。お値段はさすがに高く、3ミリフルが、8万3475円(税込み)。。

ちょっと我が家にはご縁のない品物かもね。

サーフグローブ・サーフブーツの装着方法

真冬のサーフィンでの必需品といえば、サーフグローブ・サーフブーツですね。
初心者サーファーの方の中には、今年初めて真冬の海に挑んでいる方も多いのではないかと思います。「今年は冬もやるぞ!」と気合を入れてグローブ・ブーツを買い揃え、海でウェットスーツを着て、さあ買ったばかりのグローブ・ブーツを装着するぞという時に、「ん?ウェットスーツの袖や裾は、グローブ・ブーツの内側?外側?」と悩んでしまう人がいます。実際僕も買うときショップの店員さんに質問しましたし、当ブログ専属レポーターBCもそうでした。
答えは、袖も裾も「ウェットスーツが上」です。グローブ・ブーツを装着する前に、袖・裾ともにクルクルっと外側に巻き上げておくと、グローブ・ブーツの上にかぶせる時に楽ですよ。
グローブの場合は、指先から入水するわけですから、グローブを袖の上にした方が水が入りにくい気もします。しかし、セミドライスーツを着ても中に水は入ってきますので、袖の上にグローブをしてしまうと、袖からの水の逃げ場がなくなり、グローブの中に水が溜まってしまうんでね。

ちなみに、僕ら夫婦が使っているのは「SURF 8(サーフエイト)」のサーフグローブとサーフブーツです。使い心地とても良いです。
冬の定番SURF-8(サーフエイト)3mmサーフグローブX-FLEX
遠赤外線放出生地使用!SURF-8(サーフエイト)ブーツ/5mmスーパーファーベスト

ウェットスーツの脱ぎ着のコツ

フルスーツって着るのも脱ぐのもスムーズに行かなくて大変ですよね。冬のサーフィンでは、海にいるときよりも、あの着替えの時間で冷え切って風邪をひいてしまう人が多いようです。また、会社の後輩BCも試着で破れてしまうという悲しい出来事もありました。そこで、なんとかスムーズに脱ぎ着ができないものかなぁと僕が一冬試行錯誤した結果をまとめてみます。

前提 ウェットスーツを引っぱるときは爪を立てずに、手繰り寄せて引っぱる!

1 するするスプレー作戦
するする スプレー バニラの香りサーフショップで見つけた「するするスプレー バニラの香り」なるものを買ってみました。
着る前に、ウェットスーツの内側にスプレーしておくと、摩擦抵抗が少なくなりスムーズに脱ぎ着ができるというもの。また、堅くなったファスナーにスプレーすると動きがスムーズになります。
使ってみた結果、「うーん、確かにスムーズになった気がしないでもないかな」と言った程度でした。まあ、気になる人は試してみるのもいいかも?(^^ゞ

2 ビニール袋作戦【オススメ】
ウェットスーツを着る時、手足にビニール袋をかぶせて、そのまま袖を通します。これはオススメです。ローコストで抜群の効果です。着るときに関してはこれで十分でしょう(^_^)v

3 水入れ作戦
脱ぐ時(主に脚)にウェットの中に水をジャブジャブ入れます。そうすると、ウェットと肌の摩擦が少なくなり脱ぎやすくなります。水を多めに持っていきましょう。

4 インナー作戦【オススメ】
インナーを一枚多く着るということで多少暖かくなりますが、それ以上に効果を発揮するのが着替えの時です。ウェットを脱いだ時にさっと水を弾いてくれるので寒さが緩和されます。真冬にサーフィンすつつもりの人は、是非一着持っておきたいですね。
あ、これはスムーズに脱ぎ着するのとは関係ないか。

テーマ : サーフィン・ボディボード
ジャンル : スポーツ

ウェットスーツ初日のジンクス

昨日、会社の後輩のBCが、出来上がったフルオーダーのセミドライを取りに行きました。3週間近く待ってようやくできた新品。なのに試着した時に、爪を立ててしまったのか、継ぎ目が少し裂けてしまったそうです。。。
保障がついているので無料で直せるそうですが、修理に1ヶ月近くかかるとのこと。今回はウェット用のボンドで応急処置して、シーズンオフに直すことにしたそうです。
新品初日なのにかわいそうに(>_<)

初日と言えば去年、妻がフルオーダーのセミドライを始めてきた日、パーリングした直後にライディングしてきたおじさんのフィンがウェットに引っ掛かって破れてしまったのです。不幸中の幸いで大した怪我をせずに済んで良かったのですが、出来上がったばかりのBEWETが…(T_T)

ウェットスーツ初日のジンクス、気をつけましょう(^_^;)

冬へ向けてのウェットスーツ支度

台風が去ったと思ったら、急に朝晩涼しくなってきました。
僕は千葉に行くときはすでにロンスプのウェットスーツを着ています。なんだか、つい最近フルスーツの季節が終わって喜んでいたと思ったら、スプリングの季節は一瞬で終わり、またフルスーツの季節が近づいて来てしまいました。冬のサーフィンは寒くてつらいときもあるけど、冬の海を乗り切ったことで大きく成長した気がします。

今年始めたビギナーの方で、冬もやろうと考えている方はそろそろオーダーしたほうが良いと思います。頼んでから2~3週間、お店が込み合っていると1ヶ月はかかってしまう場合もあるので。

スプリングのウェットスーツなら、サーフボードとセットで5万円くらいの既製品で構わないと思いますが、フルスーツはフルオーダーが良いと思います。その方が動きやすいし、水も多少は入りにくいです。また、厚さは5mm/3mmのものが動き易いので良いと思います。北関東より北の海へ行くのであれば別ですが…。

ファスナーも色々種類がありますが、僕は縦1本の通常の形で浸水しにくいものが良いと思います。他のは脱ぎ着がしにくく、冬の寒い中で着替えに時間がかかり、そこで風邪をひいてしまう人が多いそうです。フルスーツはただでさえ着替えに時間がかかりますからね(T_T)
そのほか、インナーやブーツ、グローブなど徐々にそろえていく必要があります。今度詳しくレポートしようと思います(^o^)/
ちなみに僕のフルスーツは「BEWET」の5mm/3mmでファスナーは「T4」。かなり気に入ってます(^_^)v

テーマ : サーフィン・ボディボード
ジャンル : スポーツ

カテゴリ
最近の記事
プロフィール

TOM

  • 管理者:TOM
  • 東京都在住
    2004年から夫婦でサーフィン・ジャンキー
    妻Mrs.BEANの妊娠・出産のため約1年間のブランクあり
  • 日々アップス・アンド・ダウンズする人気blogランキングに登録しています。
    人気blogランキングへ
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。