FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無謀な…

今日は台風一過の快晴でしたね。気温も上がって、ジッとしてても発刊作用フル稼働でした。

昨日の読売新聞の一面に、台風で高波が押し寄せる鎌倉の海の写真が載っていました。波待ちしているサーファーや、奥の方をよく見るとライディングしているサーファーが写っていました。全国紙の一面を飾った(?)彼は凄いです。また、テレビでもサーファーを映して「無謀な若者が…」といった報道もあったようです。
さて、昨日からなんとなくひっかかっていたのですが、彼らを「無謀な若者」と一括りにしてしまっては気の毒な気がします。確かに僕が昨日その海に入っていれば明らかに「無謀な若者」でしょう。沖に流されて救助されて大事になるかもしれないし、下手すれば死んでしまうかもしれません。だから入りません。しかし、台風で被害に遭われる方にとってみれば不謹慎なことですが、彼らにしてみれば「待ちに待った台風」であり「待ちに待った波」です。あの波をメイクするために日々スモールコンディションでも海に入りトレーニングを積んでいるのかもしれません。

「無謀」というのは、結果を考えずにむやみに行動することをいいます。果たして彼らはみんながそうなのでしょうか? 彼らの中には、台風の時の潮の流れの速さ、引きの強さなどの危険を熟知し、自分の力量と推し量った上でサーフィンをしている人もいるでしょう。そんな人もひっくるめて「無謀な」と言っては気の毒なのかな、と思ったわけです。

そもそもサーフィンは、大自然の恩恵であり脅威である『波』が舞台。恩恵にあやかれるのか、脅威となってしまうのか、それはそのサーファーの力量次第だと思います。確かに実力を過信し「無謀」に当てはまる人もいるでしょうが。

でもまあ結局はすべては結果論になってしまうのかな。一人でも沖に流されたりしてしまえば、そう言われてしまうのがサーファーの定めなのかもしれません。日本ではまだ、サーフィンは悪ガキのするものという印象が強いですからね。勇敢な男のものという国であれば、あの男は立派だった…と言われるかもしれません。

とまあ、どうでも良いことを考え込んでしまう一日でした(^^ゞ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お久しぶりです。
会社で「泳げないカエル」と言われてしまいました・・・。
「台風の日に波乗り」・・・、たしかにカナヅチの僕から見れば「無謀・・・」と思ってしまうんですが、その日のために凄く練習して、その特訓の成果を見せるとき!と考えている人もいると思います。

話は変わりますが、
僕の会社の偉い人に、還暦を過ぎて「雨の中泳いだよ!今度息子とサーフィンに行こうかなァ!」と言っている人がいます。元気なオジサンです。もはや「勇敢」の域に達していると思ってしまいました。

「泳げないカエル」とは…。辛いですね(^_^;)

還暦を過ぎてもそのエネルギーはすごいですね。僕もそんなオヤジになりたいと憧れますね。
カテゴリ
最近の記事
プロフィール

TOM

  • 管理者:TOM
  • 東京都在住
    2004年から夫婦でサーフィン・ジャンキー
    妻Mrs.BEANの妊娠・出産のため約1年間のブランクあり
  • 日々アップス・アンド・ダウンズする人気blogランキングに登録しています。
    人気blogランキングへ
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。