スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サーファーの素晴らしい活動

千葉県の一宮川で、約300人もの素晴らしき人々が、ごみや漂流物の回収作業を行ったそうです。「南九十九里浜の自然を見守る会」が中心となり、さらに一宮町サーフィン業組合の呼び掛けで、首都圏のサーファー60人も参加したそうです。

素晴らしい活動ですね。なんと2時間で40リットル用のごみ袋約300袋分が集まったそうです。恐ろしい。

こういった自然をリスペクトする素晴らしいサーファーたちを横目に、平気でごみを捨てて行くサーファーも大勢いるのが悲しい現実ですね。

日常生活の中では、「自分一人くらい別にいいだろう」とか「みんなやっているからまあいいや」という判断基準で行動する人がとても多いと思います。僕はそういう考え方がすごく嫌いです。

例えば、都会で一人が信号無視をして横断歩道を渡ると他の人も追随してダダダーと渡ったり、開かずの踏切を一人がくぐって渡ると必ず追随者がいます。なんていうんだろう、こういう行動自体は良くないことだけど、僕が最も腹が立つのは「自分で判断できない」ところです。横断歩道の例でいえば、ただ追随しただけで左右を見ていないから車にクラクションを鳴らされる人が必ずいるんですよね。自分で判断できていない証拠です。

結局こういうことが、社会の中でいろんな歪みを生んでいると思います。ある意味とても恐ろしい団体意識」ですね。

ボーッとした頭で、ちょっと訳のわからないエントリーになってしまいました。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
カテゴリ
最近の記事
プロフィール

TOM

  • 管理者:TOM
  • 東京都在住
    2004年から夫婦でサーフィン・ジャンキー
    妻Mrs.BEANの妊娠・出産のため約1年間のブランクあり
  • 日々アップス・アンド・ダウンズする人気blogランキングに登録しています。
    人気blogランキングへ
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。